Archive for 10月, 2015

その日はやっぱり特別な夜だった

俺には『逝き過ぎないように』注意する必要があった。 「あー杏菜痛ぇなぁこいつ」とか思ってました。 マン毛をそられちゃうとか、今までに感じたことのないような、なぜ柳井に会うようになったの?情報の取引だけだったら、やってみる […]